デザインができるまで ~CI & Total Branding~

ブランドイメージの確立とともにデザイン、社内外の意識共有を可能に。

CI開発は、その他のデザイン開発と違い「社内外へのイメージ向上と浸透」を
期待できる最も効果的・効率的な開発です。単にイメージアップできるだけではなく
社員の意識向上を始め、社内への影響度の高い開発です。

このページでは実際に、CI開発からはじまり関連ツールへの展開にいたるトータル
ブランディングの案件をご紹介します。

デザインのできるまで~CI & Total Branding~

1 計画
ディスカッション形式で、情報を共有させていただくことで
同じ意識をもち、進行することができます。
検討課題・与件を整理し、
案件の必要事項をスケジュール化いたします。
1 計画
2 企画
開発規模に応じた、デザインやポジショニングなどを
サーベイします。客観的な視点をもつ工程ともいえます。
他社だけでなく、貴社の評価をすることも
重要な役割になります。
2 企画
3 立案
ブランド全体のイメージを確立していきます。キーワード、
イメージビジュアルなどを用いながら設定していきます。
重要な芯となる部分です。目標・方針に
そった提案をいたします。
3 立案
4 検討
形をみて初めてわかることもあります。デザインコンセプト
が判断基準となりますが、もちろん「感じる」ことも
判断の1つです。
複数案用意いたします。設定したデザイン
コンセプトを判断基準にご検討していただきます。
4 検討

デザイン決定

さくら観光さまのCI開発では「企業シンボル」「ブランドコンセプト」「コミュニケーションネーム」の3要素を制作することで、包括的かつ効率的に「思い」を伝えます。また、この3要素は各々が独立して訴求する力をもち、連携することで、<br />
さらに訴求強化を可能とする「コミュニケーションリレー」を重要視しています。

展開例

  • WEBデザイン
    WEBデザイン
  • ツール類
    ツール類
  • バスグラフィック
    バスグラフィック
  • キャラクター
    キャラクター

ブランド力を高めるため、デザインシステムの開発もいたします。

インターデザインのトータルブランディングは、理想から形にするまでのプロセスをきちんとふむ行為こそが結果につながると考えます。